2021/12/11 小銭入れの修理

今週は生産したい物があったのですが、家の用事やらサラリーの仕事やらで作業がホトンド出来ず、
修理を一件こなすのみになってしまいました。

今回の修理は、かなり以前から作っている小銭入れです。
最近は作れていないけれども・・・。

こんな感じで 良い感じに糸が無くなってきています。
麻糸ですから、革を痛める前に消滅しますので かなりの期間補修が可能です。

一度全バラ後に、新しい糸で縫い直せば完了です。

ある意味、もっと高強度の糸を入れて壊れた時は革を引き裂くくらいにしたほうが商売としては正しいのかも知れません。
糸切れも遅いし、切れた時は革もダメになってる事多いし。

でも、革の劣化と共に糸も経年変化する感じは好きなのです。
革にも負担かけないし。

補修しやすい手縫いだけは、そーゆーところまで考えていたいなと。

他の補修もあるので、その準備と

別の制作物の裁断で今週は終了でした。

他の生産予定だったものは手を出せず、本当に申し訳ございません。
ではでは。

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください