Cutting | 手断ち

手断ちでの裁断

手断ちでの裁断

裁断は主に手断ちで行っております。
革素材で物作りを行う際は、繊維の方向が重要です。
革には伸びやすい方向と伸び難い方向がある為、例えばベルトであれば伸び難い方向に長く裁断する等、可能な限り製作物にあった繊維の向きで裁断を行っております。

また、革の表面には生き物ならでは傷等が御座います。
完全に避る。とは申しませんが、可能な限り綺麗な箇所のみで製作出来る様心がけております。

裁断は物を製作する上で、非常に重要で御座います。
繊維の方向、銀面(表面)、更に床面(裏面)もチェックし、非常に非効率になってしまいますが、より長く愛せる物に作れるよう心がけております。

手断ちの際は、刃の入る角度等も意識する為、緊張する工程の一つです。

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。Yahoo! JAPANYahoo! JAPANLogin with Amazon Facebook